ラルタンについて

得聚(とくしゅう)は、生体エネルギー技術導入の【0宣言の家】のご相談を承っております

■「0宣言の家」と「生体エネルギー」コラボの施工について
 
2017年度から、「0宣言の家」には、生体エネルギー技術はオプションとして活躍しております。
今まで、様々な生体エネルギー技術を使われて実感されていらっしゃる方や、実際に0宣言の家に住まわれて実感されていらっしゃる方々が多く、
これから『0宣言の家』を建てたい方の中で、生体エネルギー仕様で建てたいとのご希望やご相談も多数いただいております。
過去に家づくりセミナーへ参加された方、またお話を聞かれた方などへの混乱を避けるためにも澤田升男先生の意向により相談窓口を設けることになりました。
 
ご相談の流れとしましては、
住医学研究会の窓口:日下部(クサカベ)か、もしくは得聚の尾山こちら、(info@tokushu999.com) にご連絡をお願いいたします。
住医学研究会のご担当者さんと、お近くの0宣言の家 施工会員工務店さんと連携を取りまして、スムーズかつ安心な段取りを組ませていただきます。
 
■生体エネルギー技術導入の0宣言の家
・家の基礎の下に「底力」(土)
・ベタ基礎に「力丸」(水)
・内外のスペイン漆喰に「力丸」(水)
以上を導入されるのが基礎的な施工となります。
また、こちらの仕様にてのデータは以下の通りです。
 
こちらのデータの結果はあくまでも『0宣言の家と生体エネルギー』のコラボレーションの結果となります。
 
一般的な建材ではございませんので、ご注意ください

2016 住まいと健康・家族に関する共同研究調査の結果


 
出典:住まいと健康・家族に関する協働研究調査の結果
    住医学研究会、NPO法人ハウスドットコム、慶応義塾大学、首都大学東京の協働研究調査
    (分析責任者:慶應義塾大学・伊香賀俊治教授、首都大学東京・星旦二名誉教授)
※掲載データの転載等を固く禁じます。